検査配給パターン

全検入場 ダイヤ・運用

越中島に常備されるチキ車は交番検査期限(90日周期)が近づくと千葉貨物駅に併設されているJR貨物の千葉機関区で交番検査を受けます。
交番検査は基本的に4両までで、3編成あるロングレール輸送車はその都度、編成を分割して検査を受けます。
まれに「貨物」としてレール発送が有る場合、検査車と併結する場合もあり、その時は編成が長くなることもあります。

検査時は月~金曜日の配9294レで新小岩操車場向かい、到着後一旦7番線(遊歩道側)に留置したのち22:23発の5971レに連結され千葉貨物駅に向かい、翌日に千葉機関区で検査を受けその日中に蘇我20:37発の5972レ(新小岩21:07着)で戻ってきます。到着後は1番線に留置されて翌日の配9295レで越中島に戻る運用になっています。

なので木曜日に検査で蘇我に向かうと土曜日に帰って来ることになります。土曜の午前中、新小岩操車場の1番線(総武快速下り線側)にチキが居るか居ないかで、9295レは運転が無いことになります。
日曜日の交番検査は行わないので、土曜の9294レは貨物発送が無ければ単機となります。

全般検査時は、川崎貨物駅にあるJR貨物の川崎車両所で行われます。
その際も交番検査車と一緒に配9294レで新小岩操車場へ向かい、22:35発の5972レで川崎貨物駅へ向かいます。検査出場後は5971レで新小岩操車場へ戻い、翌日の配9295レで戻って来ます。

スポンサーリンク
ダイヤ・運用
スポンサーリンク
シェアする
TRAVAIRをフォローする
DE10が走る越中島支線

コメント

タイトルとURLをコピーしました